暮らし・生活

新生活!子ども乗せ自転車デビュー!チャイルドシートの選び方と商品ラインナップ

以前からご紹介してきました、

自転車グッズを多数取り扱うOGKさんのわかりやすいサイト

↓↓↓

おやこで自転車のルールとマナーを再確認!

>>>OGKスペシャルサイト http://www.ogk.co.jp/sp/

「自転車で楽しく過ごそう!安心・安全、サイクルライフ」をテーマに、自転車のルールとマナーを確認する「サイクル検定」や、実際に自転車でのお出かけシーンや、シチュエーション別のファッションコーデを紹介した「スタイルブック」などのページがあり、子ども乗せ自転車の安全確認をするほか、自転車を活用する暮らしのヒントがわかりやすいイメージ写真や図解で紹介されていて、親子3世代で見てもわかりやすいサイトになっています。

OGKさんは、グリップの製造からはじまり、幼児用補助輪、ペダル、ヘルメット、バスケット(かご)、などの商品を多数手がけられ、今ではなんと!自転車用チャイルドシートの全国シェア70パーセント以上を占める自転車用品メーカーさんです。

もうすぐ入園の季節。

子ども乗せ自転車を購入する際に、チャイルドシート選びも重要になります。

今回は、OGK本社さんで、実際に商品に試乗したり、商品のこだわりポイントなどを教えていただいたのでご紹介いたします!

これからの新入園に向けて、通園に毎日利用するママさんは要チェック!!

 2016年グッドデザイン賞に輝いた「ファーストリヤベビーシート “ハニカム”」

1歳からおすすめの安心設計「ファーストリヤベビーシート “ハニカム”」。

実際に試乗していただきました!座り心地もよいみたいでとっても楽しそう♪

幼少期は成長の波が激しく、個人差はもちろん、月齢だけでも体格に差があるのに、消費者の私たちは、ついつい大きめサイズを求めがち……?!

けれど、それでは低年齢児の体格に合っていないため、乗車姿勢が崩れやすく、安心・快適とは言えない……

「ファーストリヤベビーシート “ハニカム”」は低年齢児の体格や行動にあわせ、包みこむようなデザインが特徴。転倒や衝撃から守ることは勿論、子どもがつい寝込んでしまったときも安心、さらに足の投げ出しも防ぐ。

クッションはヨゴレや水にぬれてもさっと拭くだけのEVAクッションを採用。お手入れも簡単。きれいに使えてママもうれしい!

おすすめポイント

①ワーキングママでお迎えが遅くなるママへ…

帰り道、お子さまがつい眠り込んでしまっても、足の投げ出しも防ぐ安心の設計です!

 

②お子さまが小さな1歳の頃から自転車を日常的に活用するママへ…

優しく包み込む設計が、余分なスペースなく、乗車姿勢を快適にしてくれます!

寸法/高さ:630~700mm 幅:490mm 奥行き:560mm

重量/約5kg

材質/本体:ポリプロピレン クッション:EVA

適用体重/体重20kg以下(クラス25うしろキャリヤ使用時)

体重22kg以下(クラス27うしろキャリヤ使用時)

適用年齢と身長/1歳(12ヶ月)以上3歳(36ヶ月)未満で身長890mm以下。

適用車種/22~27型のうしろキャリヤを装着したシティ車(ママチャリ)

取扱店/イオンバイク、ヨドバシカメラ、オリンピック、ビバ、他有名自転車店で取扱い。

機能性・安全性の実現だけでなく、デザインにオシャレ感もあり、毎日の自転車ライフが楽しくなる♪そんな自転車グッズを生み出すOGKの社員さんに、チャイルドシートの選び方についても聞いてみました。

3歳を目安に、ベビーシートからキッズシートへ移行しましょう!

お子さまの身体の成長とともに、対象年齢の合うものへ移行しましょう。

対象年齢だけで探せば、1歳から6歳未満まで長く使用できる規格のシートももちろんあります。けれども、できることなら…3歳まではベビーシート、3歳頃からキッズシートへ移行して、からだにフィットするサイズ感のものがおすすめです。

中には、二人目のお子さまが自転車に乗るころになって、幼児2人同乗用自転車を利用するママも多いですが、その時になって、「こんなシートがよかった!」とチャイルドシートの快適さを実感する方も。

幼児2人同乗用自転車におススメのチャイルドシート

「ヘッドレスト付コンフォートフロントベビーシート」(FBC-011DX3)

「ヘッドレスト付カジュアルリヤキッズシート」(RBC-015DX)

まとめ

一人目のお子さまには「ファーストリヤベビーシート “ハニカム”」がおすすめ!

1歳の小さなお子さまでも、安心して自転車に乗れるので、ママのワークライフをサポートします。

ただし、「ハニカム」は対象年齢が3歳未満なので、3歳になる前に、お子さまの成長とともに新しいリヤキッズシートへの移行が必要です。

自転車グッズを多数取り扱うOGKさんのわかりやすいサイト

↓↓↓

おやこで自転車のルールとマナーを再確認!

>>>OGKスペシャルサイト http://www.ogk.co.jp/sp/

今回の親子モデル

つるやまりか さん親子

Nail&Care space Mahalo ネイルケア&ハンドスパ

大阪市淀川区の自宅ネイルサロンはいつも満員御礼

ネイリスト・マタニティセラピストのつるやまりかさんは、7人のお子さんのママ。そんなつるやまりかさんが伝える「起業ママたちのための自己紹介ワークショップ」は、会場全体がパワースポットになるほどの盛り上がり。

https://nailbook.jp/salon/3237/

 

OGKオリジナルキャラクター「コのスケ」

ふかふかの「コのスケ」はイベントでは子ども達とママに大人気!

 

 


吉村 なお
吉村 なお
マムライト代表 / おやこじてんしゃファシリテーター 1983年生。京都市出身。 26歳で母になり、現在は年子兄弟の子育てをしながら働くママコーディネーター。 ママのワークシェアや協働を実現すべく、ママ応援団体「マムライト」を立ち上げ、毎月の勉強会では自ら講師もつとめる。 これまでのプロジェクト参加者は総勢2000名を超え、京都府、京都市、生駒市を中心に行政と連携したママプロジェクトや「おやこじてんしゃべんきょう会」を各地で開催している。
ウェブサイト