イベントレポート

スキマ時間に自宅でお仕事!子育て中のママに嬉しいインターネットを活用した新しい働き方

2017年2月22日。品川駅直結のオフィスビル会議室にて、「在宅ワークセミナー」が開催され、会場は小さなお子さんを連れたママたちでにぎわいました!

在宅ワークに興味はあるけれど、「どうやってはじめたらいいの?」「わたしにもできる仕事はあるの?」というママが多いのでは?

今回の在宅ワークセミナーでは、PowerWomenプロジェクト代表宮本直美さんによる在宅ワークについての心得やはじめ方についてレクチャーが行われました。

皆さん、とっても真剣な眼差しでお話に聞き入っている姿が印象的でした

子育て中に最適!時間や場所を気にせずインターネットで在宅ワーク

場所や時間にとらわれず、インターネットを活用した働き方として、今注目されているのが「クラウドワーキング」です。

お仕事を頼みたい企業と、請けたい人がクラウドソーシングサイトを通して出会って、インターネットを活用して在宅でお仕事するという働き方のこと。

今、クラウドワーキングという働き方を選ぶ女性が増えています。
中でも、20代~30代の子育て中のママが積極的に活用しているようですね。

アンケート結果でわかったクラウドワーキングを選ぶママが増えている理由

日本最大級のクラウドソーシングサイト「クラウドワークス」が、2014年に女性1000人を対象に「クラウドワーキングについて」アンケート機能を使って調査を行いました。

その結果

♦20代~30代が最も積極的にクラウドワーキングに取り組んでいる。
♦半数以上が子育て中。そのうち6割が6歳以下のお子さんのママ。
♦約半数がスキルを生かしてクラウドワーキング中。
♦9割以上がクラウドワーキングのおかげで働く機会が増えたと実感している。

ということがわかったそうです。

そして、クラウドワーキングという働き方を選んだ理由は

♦副収入を得るため。
♦スキルを生かすため。
♦家族との時間を大切にするため。
♦新しいスキルを身につけたい。
♦社会と繋がっていたい。
♦生計を立てるため。
♦その他

という結果でした。

この働き方に満足しているママや、育児中でも積極的に働いて収入を得たいと思っているママって、結構多いのですね。

クラウドワークスの報酬は、パートやアルバイトのような時給制とは違って出来高制。納期を守り、責任をもってきちんとお仕事を終えれば、時間にとらわれることなく自分のペースで仕事を進めることができます。

これなら、「子どもがお昼寝している間やスキマ時間に働きたい」、「幼稚園に行っている間だけ働きたい」という希望もかないます。

クラウドワーキングのはじめ方

パソコンがあってインターネット環境が整っていれば、在宅でお仕事ができる!だから急な雨でもすぐに洗濯物を取り込めるし、幼稚園からの呼び出しにも駆け付けられる。そして通勤がないから時間を有効に使えるというメリットがたくさん!

これから在宅でのお仕事を探したいと思っているママや、どんなお仕事があるのか知りたいママは、無料の登録をしてチェックしてみましょう。

登録は簡単

01 : クラウドワークスの紹介ページ( https://crowdworks.jp/lp/haken/coccoto
)より、緑色のボタン “利用を開始してみる(無料)” をクリックします。

02 : 登録用のメールアドレスを入力します。

03 : メール送信完了画面が表示されます。

04 : 先ほど入力したメールアドレス宛に本登録用のメッセージが届いているはずです。本文中にあるリンクをクリックします。

05 : 登録画面より必要事項を入力します。

06 : 確認したら完了です。

07 : おつかれさまです。登録が完了いたしました!

クラウドワークスの紹介ページはこちら。
https://crowdworks.jp/lp/haken/coccoto

まずは小さなお仕事を1つ受注してみると、受注から納品して、入金になるまでの流れが分かり、次の1歩につながりますよ。

在宅ワーカーやフリーランスにお仕事を依頼したい企業や事業主の方もこちらからどうぞ。
https://crowdworks.jp/lp/haken/coccoto


高石 かおり
高石 かおり

東京都出身。結婚後に千葉市に移り住む。高校生と小学生のふたりの男の子の母で、ペーパーススタイリスト協会認定講師としても活動中。専業主婦から一転、ライタースクールへ通った後、ライターデビューを果たす。好きな料理の経験を生かしてキュレーションマガジンでグルメサイトのレシピ紹介を毎日配信中。愛犬のポメラニアンと過ごす時間がなによりの癒し。