イベント

ついにタブレット授業が始まった!仙台ママは「タブレット家庭学習勉強会」に参加しよう!

イベント概要

日時

2017年11月9日(木)

10:00~15:00

会場

仙台国際センター 展示ホール1

仙台市青葉区青葉山無番地

仙台国際センター

料金

無料

参加お申し込み

仙台市青葉区青葉山無番地

「タブレットを使った授業は楽しい。自分の音読を映像で見ると、どこが悪いか分かる。」そう話すのは小学4年生の男の子。「児童が客観的に自分を見ることができるメリットがある。今後は体育の授業などでも使いたい」と意気込むのは担任の先生。いずれも先日新聞で紹介された記事です。

出典:河北新報
<仙台市教委>市立小全120校にタブレット端末導入へ 情報活用能力向上狙う
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201709/20170923_13017.html

記事によると仙台市では、1校あたり40台のタブレット端末を市立小へ導入。クラスごとに順番に利用することで「児童ひとり1台」でのタブレット授業が可能となります。本年度分の40校については8月下旬に完了、2019年度までに全市立小120校への配備を終える方針とのことです。自治体によって差はあれど、特別な学校での特別な取り組みではなく、普通の公立小学校でこのようなタブレット端末導入がどんどん進められています。

遅れていると言われる日本のIT教育ですが、総務省の「フューチャースクール事業」、文部科学省が進める「学びのイノベーション事業」の事業報告では、タブレットを利用することで学習効果があがると公表されていて、政府は2020年度までに小中学校の生徒ひとり1台のタブレット整備との目標を掲げています

詳しくはこちら

家庭では何をサポートしたらよい?

授業で使ったタブレット端末を自宅に持ち帰り、タブレット端末を使って宿題を提出する…それも遠い未来の話ではなさそうです。。IT教育先進国や国内でもすでに一部の私立学校などでは、子どもが自分専用のタブレット端末を持ち、学校や家庭など場所を問わず勉強する、という新しい学びのスタイルが確立しています。
赤鉛筆での丸付けはしなくて良くなる?紙のドリルじゃないなら、どうやって子供の勉強を見てあげるの?一日中タブレットに触れるのは目に良くないのでは?パパママ世代が経験していないということもあり、戸惑いを隠せないというのも当然です。

楽しい!を共感してあげよう!

「家でもタブレットで勉強したい。」そうお子さんに言われる日も近いかもしれません。
「ゲーム機買って~!」ではなく「勉強のためにタブレットを買ってほしい・」そうお願いされたらあなたはどうしますか?賛成ですか?反対ですか?何が心配ですか?

戦々恐々としているのはむしろ親だけで、生まれた時からデジタル機器に囲まれている子どもたちは新しい学びのスタイルをすんなりと受け入れるもの。そして教科書やノートとは違う「楽しい!」にどんどんはまっていくようです。子どもが楽しそうにタブレットに向かっている姿に「勉強なの?遊んでいるだけじゃないの?」と思わずにいられないパパやママもいるかもしれません。

全国で『ママのためのタブレット家庭学習勉強会』を行う【ICT家庭学習2020プロジェクト】ではパパやママにもタブレット教材の楽しさを実感してもらうたい!その気持ちで、実際にタブレット教材を体験してもらう時間も設けています。

●参加したママの感想●

・タブレットを実際触って体験できるのは楽しい
・親子のコミュニケーションが増えそう
・実際に使っている人の体験談が聞けるのがよかった
・タブレット教材ってゲームみたいなものかと思ったが、採点も厳しく、内容も充実していて期待以上だった!

体験できるタブレット教材『スマイルゼミ』は家庭学習のためのもの。公立小学校の約8割で活用されている学習ソフト「ジャストスマイル」のポリシーとノウハウが活かされているという『スマイルゼミ』をぜひ触ってみませんか?市販されているタブレットではなく、子供専用・学習専用のタブレットを実際に触るチャンス。仙台で体験できるこの機会をどうぞお見逃しなく!

仙台国際センターでタブレット体験のチャンス!

【笑顔で働きたいママのフェスタ2017in仙台】にママのためのタブレット家庭学習勉強会が出張します!

【日時】 2017年11月9日(木)10-15時
【会場 】 仙台国際センター 展示ホール
入場無料・時間内入退場自由

時間内で自由にタブレット教材の体験が可能。ママだけも歓迎!年長さん向けの『入学準備講座』もあるので、幼稚園が終わったらお子さんと一緒にフェスタへ直行、も大歓迎!

教育改革のこと。視力への影響。じっくり聞きたい方は下記の時間で勉強会も開催します。

【時間】①11:00~11:30 ②13:00~13:30
【参加費】無料/各回4名様

★申し込みフォームはこちら★
https://ws.formzu.net/fgen/S54443580

実際にタブレット家庭学習に取り組んでいるママが体験会を担当します

竹下小百合
日本ママ起業家大学事務局 /NPO法人 ファザーリング・ジャパン東北 代表理事
Venus Club仙台支部 代表/ 三共ビジネス有限会社 代表取締役
夫婦・パートナーカウンセラー ミライフ代表/小学1年生の男の子のママ
https://ameblo.jp/me-life-miyagi/

渡邉加奈子
PowerWomenプロジェクト 笑顔で働きたいママのフェスタイベント本部スタッフ
ICT家庭学習2020プロジェクトリーダー 年少・小学2年生の二児のママ。

授業でタブレットを使うことに否定的…そんなママこそ、良い悪いを判断する基準を持っておくこと、実際の活用方法や家庭で取り組んでいるママのナマの経験談を聞いておくことで、安心材料になるかもしれません。そして、意外と楽しい、大人もハマる、そんな体験をしてみませんか?子どもの「タブレットの勉強が楽しい!」という気持ちにも、寄り添ってあげられるのではないでしょうか?

【笑顔で働きたいママのフェスタ2017in仙台】
ママのためのタブレット家庭学習勉強会も参加!

【日時】 2017年11月9日(木)10-15時
【会場 】 仙台国際センター 展示ホール
入場無料・時間内入退場自由
公式サイト http://tomoe.life/11504

勉強会の事前申し込みはこちらから
https://ws.formzu.net/fgen/S54443580


ICT家庭学習2020プロジェクト
ICT家庭学習2020プロジェクト

教育のICT化や新しい学びのスタンダードをパパ・ママに伝えていく活動
【ママのためのタブレット家庭学習勉強会】【タブレット教材体験会】を全国で開催。
子どもたちが家庭環境や住んでいる場所に関わらず一定水準の教育が受けられること、学ぶ楽しさを知り未来のチカラになる自立学習の習慣を育むことを願うママ発のプロジェクトです。