暮らし・生活

テーブルコーディネートでクリスマスの特別感を演出!

もうすぐクリスマスやってきます。
私は1年で楽しみな行事の1つがクリスマスです。家でクリスマスを迎える際は、クリスマスツリーやクリスマスリースを飾ったりとクリスマスならではの飾り付けを楽しむ方も多いと思います。
そして忘れてはいけないのが聖夜を飾るディナーのテーブルコーディネートです。テーブルコーディネートをしつらえると、ツリーやリースだけにはない更なる特別感を演出できます。簡単にクリスマスのテーブルをしつらえるポイントをご紹介します。

クリスマスのテーブルカラー

クリスマスの雰囲気を演出するには色の効果を使うと簡単に演出できます。
クリスマスのカラーといえばサンタクロースに連想される赤色と白色。赤のテーブルクロスを敷いて、白の食器や白いナプキンをポイントにするだけでも、クリスマスにピッタリなテーブルになります。
テーブルクロスは大掛かりだという方はテーブルクロス無しでもクリスマスのテーブルの演出ができます。ウッドのテーブルの方は、食器やお花を赤と白に統一してみましょう。色を揃えるだけで雰囲気作りができます

キャンドルの灯りで演出する

クリスマスの食卓にはキャンドルを飾りましょう。キャンドルは食卓やリビング以外にも、ガーデンに灯して楽しむこともできます。
ホームパーティの際は、雰囲気を盛り上げるために欠かせないアイテムの1つです。癒しの空間をもたらすキャンドルを、聖夜は食卓に灯し素敵な夕食を楽しんで下さい。

クリスマスのテーブル

今回のテーマは『ワインレッドのクリスマス』
幼少期のクリスマスの思いを呼び起こしながらしつらえたテーブル。幼少期『クリスマスといえば何色?』と聞かれると迷わずクレヨンのような赤と答える子どもでした。それはサンタクロースのイメージの連想によるものと大人になり思います。
大人になった今、クリスマスには様々な煌めきがある事を知りましたが、幼い頃のサンタクロースの思い出、クリスマスのイメージを呼び起こしながら、大人になった今にしつらえるテーブルは、クレヨンの赤色ではなく赤ワインのように深い赤色のテーブル。
生花と花器にグリーンを使い、カトラリーを白に整えクリスマスらしいカラーを取り入れ、格式の高いアイテムを用い、大人のクリスマスのテーブルをしつらえました

クリスマスのとろけるフォンダンショコ

材料

【作りやすい分量】(約5センチの円形:6個)

(生地)
グーベルチュール  100g
無塩バター     50g
卵黄        1個
グラニュー糖①   30g
薄力粉       40g
アーモンドパウダー  40g
卵白        1個
グラニュー糖②    30g

(ガナッシュ)
グーベルチュール   70g
生クリーム(30%台)  40ml
ブランデー  小さじ1~小さじ2

作り方

1. ガナッシュを作る。鍋にチョコレートを入れ60°Cの湯煎にかけて溶かし、生クリーム・ブランデーを加え混ぜ合わせ粗熱がとれたら冷蔵庫で冷やし、固まったら6等分にわけておく。

2. クーベルチュールと無塩バターを湯煎で溶かす。

3. ボールに卵黄・グラニュー糖①を入れ白くもったりするまで混ぜ合わせおく。

4. 卵白・グラニュー糖②を合わせ、メレンゲを作っておく。

5. (3)に(2)を加え混ぜ合わせ、ふるった薄力粉・アーモンドパウダーを加え切るように混ぜ合わせ、(4)を加えメレンゲを潰さないように混ぜ合わせる。

6. オーブン天板にオーブンシートを敷き、(5)の生地を型に1/3の高さまで注ぎ入れ、(1)のガナッシュを中央に入れ、残りの生地を流し込む。

7. 200°Cのオーブンで約10分焼き出来上がり。

もうすぐクリスマスがやってきます。
ツリーやリースだけでなく、クリスマスのテーブルをしつらえてより華やかなクリスマスをお過ごしください。


しめぎひとみ
しめぎひとみ

料理研究家・フードデザイナー

おもてなし料理サロン カルネスタイル主宰
2016/2017 ミス・ユニバース・ジャパンBC講師
公式ル・クルーゼアンバサダー

栄養学・食養学・美容食・マクロビ・ハーブ・紅茶など国内外で学び、食品関連企業役員を務めた後独立。
主宰の料理サロンでは、和食、洋食、紅茶、生花、英仏菓子のクラスを開講、
また、畑、養鶏、契約牧場をもち、自然と寄り添いながらの食を大切にしている。
その他、書籍・雑誌・新聞・ラジオ・講演・連載・テーブルコーディネート・商品開発などに携わる。

公式ブログ:http://ameblo.jp/flbkarune/
Instagram:https://www.instagram.com/karune_style/

ウェブサイト