働き方図鑑

-自分のために学んだことを”ママ助け”に役立てる- ベビーセラピストという働き方|松崎純さん

熊本県内外を中心にベビー系のセラピストとして活動している松崎純さんの働き方を紹介します。
こういう職業、子ども好きな人がつくものとイメージしますが、松崎さんはもともと子どもが苦手だったそう!ところが今ではセラピストとしてだけでなく資格取得に向けての講座開講までできるほどに活動を広げています。
そんな松崎さんがなぜこの働き方を選んだのか、きっかけから現在の活動までを伺いました。

現在の活動内容

熊本県内を中心に、熊本県内外でベビーマッサージ、ベビースキンケア、ファーストサインといった親子講座や、英国式リフレクソロジーのサロン、赤ちゃん専門のフォトグラファーとして活動しています。主に県内のカルチャーセンターやコミュニティセンター、講師自宅で講座を行なっていますが、出張での依頼があれば対応しています。
その他、ベビーマッサージの資格取得スクールも開講しています。

事業、サービスで力を入れていること、こだわり

私自身が初めてベビーマッサージ教室に参加した時、持っていた不安や悩みが解消されました。そのような心が軽くなる楽しい教室が開けるように心がけています。
赤ちゃんのあっという間に過ぎる「今」を残せるフォトグラフ撮影にも力を入れています。

事業、サービスをはじめたきっかけ

実は元々子どもが苦手だったせいか、出産後に子どもとの関わり方が分からずイライラがたまる毎日でした。抱っこでないと寝ない、泣く時は激しく泣く我が子に対し、育児ノイローゼ寸前まで追い詰められていました。
そんな時、藁にもすがる思いで参加したベビーマッサージ教室で、息子が笑ってくれた事、抱っこ魔だったのにすとんと寝た事で、「ベビーマッサージすごい!きちんと学んでみたい!」と思い、セラピストの資格を取得しました。
始めは自分のために学んだ事で開業する事は考えていなかったのですが、同じような悩みを持った方が意外と多く、自分が学んだ事が役に立つなら…と思ったのがきっかけです。

とある1日のスケジュール

6:30 起床
7:00 子どもを起こして着替え、朝食
8:20 保育園へ送迎
9:00 夕食準備
10:00 家を出発、仕事開始
13:00 帰宅、昼食
14:00 PC作業、家事
17:00 保育園お迎え
17:30 夕食の支度
18:00 夕食
19:00 入浴、保育園の連絡帳確認、保育園準備など
21:00 子ども就寝、自由時間
22:00 就寝

今の生活や働き方で気に入っている事

会社勤めの時とは違い、仕事のスケジュールを自分で組み立てられることが気に入っています。子どもの事を第一に考えられるので、行事などは一緒に参加したり、しっかりと子どもと向き合う事が出来ているのではないか、とも思います。

クリアしたい課題や問題

あの場所で、この教室をやってみたいなぁ…と思うことがよくあるのですが、そこへ出向くまでの時間が取れなかったり、なかなか思うように実現できない事があります。時間管理をしっかりし、もっとアクティブに行動していくことが課題ですね。

働き方を迷っている女性へのメッセージ

これなら楽しそう!と思える事を想像してみてください。
私は自分が教室に参加してみて、「楽しかった!」「嬉しかった!」という気持ちがあったので、その感動を多くの人に伝えられたらどんなに楽しく、やりがいがあるだろうな…と思い、今も活動しています。
きっかけは育児の悩みでしたが、結局それがプラスに作用し、私の天職だと思えるほどの仕事になっています。
もし今、育児や仕事など悩みがあるのなら、それが今後の活動への原動力になっていくかもしれませんよ♪

愛する家族へのメッセージ

いつも笑顔で「ママ、今日も頑張ってね!」と言ってくれる一番の応援隊長である息子、そして自分も仕事が忙しいのに家事・育児を積極的にしてくれる夫に心から感謝しています。二人とも、愛してるよー!

松崎純さんのプロフィール

松崎純
親子教室・資格取得スクールalmo 代表
熊本県在住。熊本市のカルチャーセンターや公共施設、支援センター等でベビーマッサージ・ベビースキンケア・ファーストサイン・ベビグラファー・英国式リフレクソロジーを開催。「毎日の育児にゆとりと楽しさを」をモットーに、参加して下さった皆さんに楽しんで頂けるような教室開催を心掛けています。

◆保有資格
・NPO法人RTA認定 ベビーマッサージセラピスト、認定講師
・NPO法人RTA認定 ベビースキンケアセラピスト、認定講師
・NPO法人RTA認定 ファーストサインセラピスト、認定講師
・NPO法人RTA認定 リフレクソロジスト、認定講師
・NPO法人RTA認定 ベビグラファー

Webサイト:https://baby-almo.jimdo.com/
ブログ:https://ameblo.jp/baby-almo/
Twitter:https://twitter.com/jy_almo
Facebook:https://www.facebook.com/baby.almo
Instagram:https://www.instagram.com/almo_jun/

あとがき

育児ノイローゼ寸前まで追い詰められていたけれど、それが一転、今ではいろいろなママたちに「育児にゆとりと楽しさを」教える立場になった松崎さん。辛い思いをしたからこそ、ママたちの悩みがわかるのでしょう。
赤ちゃんたちの最高の笑顔を引き出せるベビグラファーというお仕事も、なんでこんなに泣くんだろう?何をすれば笑うんだろう?と悩んでいた経験があるからこそ!
意外なところに自分の働き方を見つけるヒントが隠されているものですね。


クルジウ 雅子
クルジウ 雅子
フランスの田舎在住の在宅ワーカー。2009年と2012年生まれの兄弟の母。 学校の長期休暇が多く子ども達がよく家にいるため、在宅のWeb系アシスタントとして働くスタイルを選ぶ。