イベント

\くつえらび勉強会ブースに来てね/出張!チルドリンアカデミー ~川崎駅ラゾーナ広場 ~

イベント概要

日時

2018年06月02日(土)~2018年06月03日(日)

会場

川崎駅ラゾーナ広場

神奈川県川崎市幸区堀川町72−1

料金

無料(有料ブースあり)

神奈川県川崎市幸区堀川町72−1

\くつえらび勉強会ブースも!/ママとキッズに嬉しい“地域連携”知育”をテーマにした2days ~川崎駅ラゾーナ広場~

リニューアルで“ママに優しい施設”に生まれ変わったラゾーナにはもう行きましたか?
2018年6月2日、3日「ママwithららぽーと×出張!チルドリンアカデミー」がラゾーナ川崎で開校されます!

子育て時期にもっと「楽しみ、学び、納得し、安心したい」というママの想いを実現するNPO法人チルドリンが手掛けるイベントなので、マッサージ、メイク、ネイル、手作り雑貨などママの「好き」「得意」「経験」を活かしたブース(有料あり)だけでなく、ママの暮らしをサポートしてくれるサポーター(企業・行政・NPO法人など)ブースも多数出展!
ママ友を誘って、家族みんなで、お子さんと一緒に学んだり、楽しむことができるイベント♪

『ココロとカラダの成長』 を促進する知育コンテンツが盛りだくさん!

楽しみながら『ココロとカラダの成長』を促すイベントを紹介します!

エース遊びの学校

楽しくあそびながら運動能力が向上し、自己肯定感や自信・意欲がどんどん身につく、話題の運動・体操教室「エースあそびの学校」です。

レジリエンスカフェ「手洗いについて学ぼう」

今注目されている「レジリエンス」。災害時、子どもたちや家族を守るために大切な事・・それは二次災害をふせぐための感染症予防!「清潔」「手をきれいに!!」を子どもたちと一緒に、正しい手指消毒を楽しく学んでみませんか?

NPO法人チルドリンのレジリエンスカフェの詳細はこちらから。

フォレストカフェ「森のおうち工作」

木のおうちを『森のパレット』(木の実・小枝・はっぱなど)でデコレーション。わたしの「森のおうち」を工作します。
工作をとおして、まず、森にふれ、森とつながる一歩目を親子で体験できます。

【プレゼントあり!】くつえらびアンバサダープロジェクトも出展!

IFME×PowerWomenプロジェクト「くつえらび勉強会」が出展します!お子さんと一緒に遊びに来てください!

こども想いのくつえらびプロジェクト IFME×PowerWomen「くつえらび勉強会」

ブースではくつえらび勉強会を5分程度で受講できます。
合わない靴を履き続けることで起きる足のトラブルや、正しいサイズの測り方、お店で実践できる靴の選び方など、知っているようで知らなかった大切なことをわかりやすくお伝えしていきます。​靴の開発に活かすため、簡単なアンケートのご協力もおねがいしています。

オリンピック選手団の支援もしている早稲田大学准教授が監修したテキストと足を測るためのメジャーをプレゼント!

健やかに足が成長するいい靴ってどんな靴?

▶︎くつえらびアンバサダープロジェクト
http://tomoe.life/kutsuerabi

開催概要

日程:2018年6月2日(土)~2018年6月3日(日)
会場:川崎駅ラゾーナ広場
住所:神奈川県川崎市幸区堀川町72−1

イベント主催者情報

「チルドリンアカデミー」を主催するNPO法人チルドリンはママ想いのNPO法人で、レジリエンス(災害など困難な状況でも、しなやかに適応して生き延びる力)を育むための活動に力を入れ、全国のママと地域をつなぐママまつりなどを開催しています。

NPO法人チルドリンさんの活動理念

NPOチルドリンは、子育て時期にもっと「楽しみ、学び、納得し、安心したい」というママの想いを実現するために、「ママのコミュニケーション&ママとのコミュニケーション」をモノ・コト・社会と恊働して行うNPO法人です。
ママやママコミュニティ、子どものことを深く考える人・団体が集まるチルドリンでは、コミュニケーションから生まれる新しい価値観、知らなかった自分、ムリのない社会との関わり方を互いに学びあいながら見つめなおし小さくとも自由で凛とした自分らしい生き方をはぐくみあう活動をサポートします。

NPO法人チルドリンさんの「チルドリンカフェ」

チルドリンカフェ本部@日本橋室町をはじめ、全国にママがつながる拠点があります。チルドリンカフェ本部@日本橋室町では毎週水曜日を「フリーデー」として10-15時ママと子どもたちがのんびり過ごせる場所を提供していますよ。

レンタルスペースとしても利用できます。

子育て情報サイト「ともえ」はママフェスタやお子様連れ歓迎のイベント情報満載

コンセプトは「ママもファミリーも地域もハッピー」です。子育てはママだけが担当するものではない事は、もはや当然の事となっていて欲しいところですが、子育ての大部分をママ1人で背負っている家庭はまだまだ少なくありません。

もし、モヤモヤしているママがいたら「ともえ」は、そのママの側に寄り添って「心」をほぐしてあげたい。「ともえ」の記事を読んで元気が出たり、「ともえ」で紹介する地域のイベントに足を運んで地域の輪とつながることができたり。

「ともえ」のSNSで情報をGET

◆LINE@  @tomoe
◆インスタID  tomoe.life
◆インスタ#  #ともえ
◆Facebook   tomoe.life
◆Twitter  @TomoeLife

LINE@では、毎週金曜日にプレゼント企画実施中!

ママ向けのメルマガを配信しています

「働き方」「仕事」「お金」「ライフスタイル」「子育て」「イベント」等の情報を毎週水曜日にメルマガでお届けしています。

【メルマガ登録】

イベントに足を運んだり、Webメディアで整理された情報をGETして、子育てをエンジョイしませんか。


ともえ編集部
ともえ編集部