お金と節約
お金

今年こそ節約したい!家計の見直しポイント【固定費編】

年はじめは「今年は沖縄旅行にいきたい!」「今年はスポーツを始めたい!」など色々な抱負を思い描きますよね。

そんな抱負の1つに「今年は節約して貯金を増やすんだ!」なんて思うことも。
私は毎年思ってますが、年末になると……あれ?おや?みたいな。

節約は思い立ったが吉日です!
2016年の年初に、家計の見直しポイントをご紹介します!

家計は固定費と変動費の2つに分けられる

家計の支出は大きく固定費と変動費の2つに分けることが出来ます。

  • 固定費:家賃(住宅ローン)、駐車場代、保険料、通信料、税金など
  • 変動費:食費、光熱費、水道代、雑費、医療費、被服費、レジャー費など

固定費は、毎月一定の金額の支出です。
家賃や税金は見直すことは難しいですが、特に通信料や保険料は、様々な選択肢があるので見直しの可能性が広がっています。

スマホ料金の見直し

スマートフォン・スマホのイメージ画像

スマホはとても便利で手放せない存在ですが、フィーチャーフォン(ガラケー)の時に比べると、毎月の金額が随分高くなっていませんか?

パパ、ママ、子ども達も持つと毎月いくらになるでしょうか。持っているスマホは料金に対して使いこなせていますか?

スマホ代が安くなるプラン登場!?

現在ニュースなどで話題になっていますが、NTTドコモ、ソフトバンク、auの大手通信各社は政府主導によりスマホ料金を引き下げるプランの準備に入っています。

インターネット通信をあまり使わないユーザー向けで5000円代のプランが登場しました。

携帯ショップ窓口などで自分の使用状況なども含めて相談してみてはいかがでしょうか?

格安スマホに乗り換える

スマホの料金を安くするには、格安スマホに乗り換えるという方法もあります。
格安スマホのメリットとデメリットをまとめてみました。

格安スマホのメリット

  1. 料金が安い
    (通信が少ない場合、通話料抜きで月3000円程度から選ぶことができます)
  2. 契約期間の縛りがない
    (2年毎などのシバリがありません。違約金もありません)
  3. 電話番号の引き継ぎが可能
    (MNPにより現在の携帯番号は引き継げます)

格安スマホのデメリット

  1. サポート体制が弱い
    (設定ができない、スマホが故障した?などの時に店舗でのサポートが受けれない会社が多くあります。メールやネットでのサポートはあります)
  2. キャリアメールが使えない
    (@docomo.ne.jpなどのアドレスが使えなくなります。Gmailなどのアドレスを取得して使うことは可能ですが、ドコモ・au・ソフトバンクの友人などには受信設定してもらわないとメール受信してもらえないこともあります)
  3. 通話料が必要
    (かけ放題の通話プランがない場合が多いので、通話料が別途必要になります)

格安スマホを使う場合、周りにある程度詳しい人がいると安心して使えるかもしれません。

ちなみに、わが家はauから格安スマホのY!mobileに乗り換えました。
スマホ2台で7000円程度の料金になり、スマホ1台+ガラケー1台のときよりも安くなりました。

格安スマホはドコモなどに比べて遅いという話もありますが、使用する地域や時間帯に大きく影響されるので一概に言えません。

個人的には、メールやLINEなどの使用で遅いと感じたことはありません(仙台在住です)。

動画などの読み込みなどでは多少の遅さは実感しました。

インターネット料金の見直し

インターネットとパソコンのイメージ画像

スマホ料金を見直す時に一緒に見直したいのが家のインターネット料金です。
スマホと同じ会社での契約を行うとトータルとして料金が安くなる可能性があります。
(例えば、auのスマホとauひかりをセットで利用すると割引があります)

現在、NTTのフレッツ光などを使用している場合は、同じ電話番号のまま乗り換えられる場合もあります。

また、家電などを買い換えるときにインターネットの乗り換えをすると安くなる場合などもありますが、乗り換え時には以下のことに注意しましょう!

インターネットの乗り換えのポイント

  1. 今現在使用している電話番号が変わるかどうか確認する。
    引き継げる場合と引き継げない場合があります。
  2. 別途が必要なオプション料金があるかどうか確認する。
    乗り換え条件として加入しなければいけないサービスがある場合があります。

スマホ料金とインターネット料金を2つ合わせて、月いくら払っているかを比較するとよいでしょう。

わが家はスマホをY!mobileに乗り換えた際、インターネットをセット割引のあるソフトバンク光に乗り換えようとしましたが、現在の電話番号が引き継げないということがわかり、思ったより利用料金が安くならずちょっと後悔しました。

乗り換えには、きちんと下調べが必要ですね!

保険料金の見直し

現在加入している保険をきちんと把握していますか?
「なんとなく勧められたから」「この保険がいいって聞いたから」なんていう場合も含めて、家族のライフプランの見直しとともに、保険の見直しをオススメします。


中村 万智子
中村 万智子
1978年大阪生まれの関西人、仙台在住の在宅ワーカー。男の子と女の子の2児の母です。結婚をきっかけに保険・税金などに興味をもち、独学でFP(ファイナンシャル・プランニング)技能士2級を取得しました。 得意なこと:コンピューターとおしゃべり、苦手なこと:整理整頓、今したいこと:料理上達と資産運用。好きなモノは、リラックマです。