家計簿のつけ方イメージ画像
お金

今年こそお金を貯める!家計簿のつけ方のポイント

家計簿のつけ方の大事なポイントを解説します

家計を見直し、節約・貯金をするのに一番効果があるもの、それは「家計簿」です。

家計簿をつけるとたくさんのメリットがあります。
家計全体のお金の流れを把握することだけでなく、家計のムダや改善を見つけることができます。

また、計画的な支出を意識することにより、貯蓄などの目標を達成しやすくなります。

ただ、「家計簿をつけ始めてみたものの、なかなか続かない」というママは多いのではないでしょうか?

家計簿にとって一番大事なことは「継続すること」です。

そこで、楽しく家計簿を続けていくために、家計簿のつけ方をご紹介します!

どうして家計簿は続かないのか?

いざ家計簿をつけてみたけど、やめてしまったということはありませんか?
続けられない理由は何なのでしょうか?

  • 家計簿をつけるのが大変、めんどくさい
  • 付け方が分からない
  • 家計簿をつけても貯金がふえない

そんな場合でも、楽しく家計簿をつけ続けられるポイントをご紹介します!

楽しく続けられる家計簿のつけ方ポイント

家計簿のつけ方

家計簿をつけ始めようと思った時、「家計簿をきちんとつける」ことを考えていませんか?

収入を入力して、予算を立てて、項目を分けて、きちんと入力する!
……なんだかすっごく大変です。

家計簿を楽しく続けられるコツは「ほどほどに自分のペース」ですることです。
家計簿をつけるタイミングや、家計簿の選び方、項目はどうやって決めるのか、などをご紹介します。

変動費の記入から始めよう

家庭の支出は、毎月一定の金額が決まっている固定費(家賃、税金、保険料など)と、月によって大きく変動する変動費(食費、交際費など)に分けることができます。

家庭の支出(家計簿のつけ方)

まずは食費や交差費などを含む変動費から家計簿をつけはじめましょう。

一番最初から家計簿全部を記入しようと考えず、できるところから記入するのがポイントです。

優先順位は、「支出変動費」「支出固定費」「収入」「予算」の順番。

変動費と固定費の節約方法に関しては下記記事を参考にしてください。

家計簿は毎日つけなくてもOK!

毎日、お財布の中身と照らし合わせて家計簿をつけることができればいいのでしょうが、忙しいママはそうもいきません。

お財布の中のレシートが貯まってきたタイミングや、週末の曜日を決めて週に1回つける方法でもOKです。

家計簿をつけられるペースを身に付けることが大事です。

どんな家計簿を選ぶのか?ノートやアプリなど

家計簿というと昔はノートが主流でしたが、今は様々なサービスやアプリもあります。

市販の家計簿ノート

シンプルなものから、キャラクターもの、雑誌の付録など様々な種類があります。

日記などを書き込むこともでき、自分らしく家計簿を作っていくことができます。

書き込むのではなく、レシートを貼り付けて残高を把握するタイプのものもあります。

スマホで簡単家計簿アプリ

スマホが普及して、家計簿のアプリが爆発的に増えています。

レシートをスマホのカメラでパシャっと撮るだけで、データが入力されて、

集計なども自動で行ってくれるため、ちょっとしたスキマ時間を活用することができます。

インターネットを通じて、クレジットカードの支払い明細や銀行口座の支出明細を取得してくれたり、スマホとパソコンの両方で家計簿を入力・確認できるアプリもあります。

・Zaim
レシート撮影で自動入力、銀行・カードの明細を自動取得、分かりやすい分析グラフが特徴。
日本最大級!無料の家計簿アプリ・レシート家計簿「Zaim」
・マネーフォワード
レシート撮影、分析グラフなどのほか、銀行・カード明細の自動取得に関して、金融機関の対応数は1,800社でNo.1。
家計簿アプリ・家計簿ソフト「マネーフォワード」
・Kakeibon
家計簿の自動作成、レシート撮影や資産管理グラフなどのほか、カレンダー形式の表示が特徴。
Kakeibon(旧OCN家計簿) ~無料で使える自動ネット家計簿~

自作のエクセル家計簿

エクセルソフトを使用して、自分が使いやすい家計簿を自分で作ることができます。

エクセルの知識のスキルアップも一緒にできますよ。

自分に合いそうだと感じる家計簿で始めましょう

様々なタイプがありますが、家計簿を続けるためにはシンプルなもの、自分が出来そうだなというものから始めてみることをおすすめします。

家計簿の項目は5つ程度からスタート

家計簿の変動費の項目は、あまり細かく分類せずにざっくり5つ程度からはじめましょう。

1枚のレシートの内容を分けずに、合計金額を当てはまる項目に入れます。

ちなみに、わが家は「食費・日用品費」「交際費」「こども費」「その他」の4項目に「固定費」が加わります。

項目の決め方は、支出の目的で分類すると分かりやすくなります。

・生活していくのに必要な食品・日用雑貨など→食費・日用品費
・おもちゃ、オムツ、衣類などこどもに関わるもの→こども費

あまり項目を多くすると、このレシートはどこの項目に分類されるのか?など、考える必要が出てきます。

最初は少なめの項目から始めて、必要がああれば項目を分けていきましょう。

例えば、ガソリン代は毎月の支出を把握したい!という場合は、「ガソリン費」という項目を増やします。

不明金は気にしない、節約できるチャンスかも

家計簿をつけると、必ずと言っていいほど不明金が出てきます。
その不明金は気にしなくていいです。

「思い出せない支出」=「あまり重要でない支出」とも考えられるので、不明金は今後節約することができる可能性を秘めています。

自分のお金の使い方を少し見直してみると、そこに節約のチャンスがあるはずです!

まずは、ざっくりでもいいので家計簿をつけることに慣れ、習慣化することが大事です。
その後に、様々な家計簿の見方や自分なりのつけ方などを模索しましょう。

なによりも家計簿がストレスにならないようにすることが先決です!

実現したい目標を立てることで、家計簿は楽しくなる!

旅行、南の島のイメージ画像

「旅行に行く」ことを目指して家計簿をつけるのもいいでしょう

家計簿を続けるための秘訣の1つは、「家計簿をつける目的を忘れない」ことです。

家計簿をつけて、どういう目標を達成したいですか?

  • 1年に100万円貯金したい
  • 子どもの教育費を確保したい
  • 家のローンを早く返済したい

色々な目標があるかと思いますが、家計簿は目標を達成するまでの1つの道具に過ぎません。

家計を把握し、お金の流れを掴むことが、ゴールへの近道になります。

家計簿をつけてるんだけど、全然お金が貯まらないという方は、実現したい目標を立てたり、目標を見直したりしてみてください。

家計簿をつけることが目的ではなく、家族や自分の目標に向かって家計簿をつければ、毎月増えていく数字を見ることも楽しくなるはずです!


中村 万智子
中村 万智子
大阪生まれの関西人。転勤族のため、現在は福岡に在住。 2児のママ、在宅ワーカー主婦。現在、グロースハッカーを目指して、猛勉強中。
ウェブサイト