働き方図鑑

-「子育てをサポートする活動」を仕事にする- NPO法人運営という働き方|西谷知美さん

NPO法人ワーキング・マム 代表理事の西谷知美さんを自己紹介形式でご紹介します。
PowerWomenのセミナーやフェスタでも活躍中の西谷さん。出張保育に、仕事復帰したいママたちへのセミナーにと、大忙しの毎日を送っていますが、人に感謝され、人の役に立っていると実感できるところがこの仕事の気に入っているところだそうです。NPO法人を立ち上げようと思い立ったきっかけや、サービスのこだわりなど、西谷さんの働き方について伺いました!

現在の活動内容

同じ地域に住む子育て経験のある主婦や元保育士が、子育て世帯におけるちょっとした困りごとを助け合う有償ボランティア活動を軸に、ママイベントへの出張保育や土日祝の学童事業など、多様なサポートを行っています。

事業、サービスで力を入れていること、こだわり

時間で換算でき、「やってもいいよ」とサポーターが見つかれば、サービス内容に制限を特にしていないこと。授業参観や保育園の発表会、運動会にも体調の悪いお母さんの代わりに出たこともありますし、年に数回ですがPTAの代行を受けることも。

昨年の夏から取り組んでいる「自分で作って自分で食べる」がコンセプトの「子どもカレー食堂」。自分の家でも作れるよう、子どもたちが自身で調理する。

事業、サービスをはじめたきっかけ

下の子どもを幼保園に預けることができたのを機に再就職活動を始めたのですが、学童の預かり時間と私の希望する職種の就業時間が合わなかったり、急に残業しなければならない事態でも助けてもらえる人がいなかったりで、私自身がフルタイム勤務と子育ての両立に苦しんだ経験から、今後ニーズが増えそうな子育てをサポートする事業を立ち上げようと思いました。

とある1日のスケジュール

6:00   起床 メール・SNSのチェックとお弁当作り
7:00   朝食準備 並行して、自分も食事したり、食器を洗ったり
7:45   子供達が登校 掃除、洗濯干し
9:00   お子さんの預かり
10:00~14:00 サポーターに引継ぎ、事務作業や打合せなど
14:00〜15:00 サポーターから引継ぎ、お迎え時間まで預かり
15:00  帰宅 夕飯準備など家事
16:00~18:30 習い事送迎や園からピックアップ後に自宅まで送迎などサポート事業
19:00  夕飯 子供たちと今日の出来事など会話を楽しむ
20:00  PC作業 SNS更新 スケジュール調整など
21:00  夫帰宅 食事の用意など
22:00  趣味のドラマチェックなど
23:30  就寝

今の生活や働き方で気に入っている事

人に感謝されて、それが収入につながる点。
また、困っている保護者さんだけでなく、サポーターをしてくれている方も「社会へ復帰にワーキング・マムの活動はちょうどいい」と、いろいろな方面で役立っていることを実感できることです。

クリアしたい課題や問題

サポーターさんへの収入保障と行政との協力体制。
株式会社ではなく、非営利団体なので、どうしても収入面が安定せず、雇用するというよりもボランティアという形のため、収入が安定する仕組みを整えて、優秀なサポーターさんが長期で関わってもらえる運営にすること。

働き方を迷っている女性へのメッセージ

利用者さんの中には、講師活動や在宅ライターなど、さまざまな働き方を実践されているママも多いんです。私が働き始めたころよりも、今はずいぶん女性が働くことへの理解が進んでいるので、迷っている方は、まず一歩を踏み出してみては?

育休中のママたちを対象に育休復帰セミナーも行なっている。

愛する家族へのメッセージ

(子どもたちに)早くから自立させるべく、家事も小学生のころからたくさん手伝わせてきた甲斐あって(笑)、今ではすっかり我が家の戦力です!いつもありがとう!
(夫に)自宅で夜遅くまで、お子さんを預かることも多く、くつろげないことがあっても活動に理解してくれていることに感謝です。

家族旅行での一枚

西谷知美さんのプロフィール

西谷知美さん
NPO法人ワーキング・マム 代表理事

転勤族だった夫の赴任先である、福岡で長女を、名古屋で長男を出産。仕事人間の夫には頼れず、孤独な育児を経験した後に、子どもの手が離れ、社会復帰するも夫が単身赴任をすることに。仕事と育児の両立に孤軍奮闘する日々に疲れ、自分がしてほしかった「子育てをサポートする活動」を仕事にするべく、NPO法人ワーキング・マムを設立。
活動開始以来、大阪市内、北摂(豊中、吹田、摂津、茨木)エリアの子育て世帯をサポーター40名とともに支援している。
また、7年間の経験をもとに、ママが仕事復帰する際の準備や心構えを伝える講師として活動も並行して行う。

Instagram:https://www.instagram.com/n.tomomi/
Webサイト:http://working-mam.com/
Facebook:https://www.facebook.com/workingmomHOKUSETSU

編集後記

子育てと仕事の両立の難しさを痛感した苦労を元に、働くママをサポートする団体設立を決断されるとは、「必要は発明の母」ですね。地域のママたちの心強い味方になっていることでしょう。ワーキング・マムのような活動やサービスが日本全国にもっと増えれば、ママたちの社会復帰や社会進出がさらに盛んになることと思います。子どものお世話や、人のために何かしてあげることにやりがいを感じるあなた、第二の西谷さんを目指してはどうですか!?

2018年3月5日(月)に西谷さん主催の「春から仕事をしたいママへ 将来に備えたお金の貯め方&育児と仕事の両立セミナー in 摂津」が開催されます。大切なお金のこと、悩みのタネになる前にファイナンシャルプランナーに話を聞いてみませんか?
第2部の「育児と仕事の両立セミナー」では、育児休暇後の仕事復帰について考えてみましょう!四月からお子さんが幼稚園入園、小学校入学等で社会復帰をお考えの方はぜひご参加ください。お申し込みお待ちしています!
▼▼詳細はこちら!▼▼
春から仕事をしたいママへ 将来に備えたお金の貯め方&育児と仕事の両立セミナー in 摂津


クルジウ 雅子
クルジウ 雅子