暮らし・生活

掃除のプロに聞いた!自分でできるエアコン掃除の方法

きちんとお掃除したいけれど、素人にはなかなか敷居の高いエアコンクリーニング。
自分でお掃除する方法はあるのでしょうか。

ホームセンターなどで購入できるスプレータイプのエアコン洗浄剤は、エアコンの室内機内部にスプレーするだけで、熱交換器を掃除することができる便利グッズ。

…ですが、同商品を使用したために、室内機が発火するという事故が増加していることも話題となりました。

とはいえ、熱交換器に詰まったカビやホコリを取り除くことは、節電対策にもなり、キレイな空気が送風されるようになるため、エアコン掃除は夏を迎える前に行っておきたい項目のひとつ。

エアコンクリーニング

では、個人でエアコン掃除をする場合はどのようにすればいいのか、ハウスクリーニングのプロフェッショナル、株式会社ダスキンの冨田悦弘さんに話を伺いました。

エアコンの内部掃除は専門知識が必要!

「室内機のフィルターはこまめに洗い、外装パネルや吹き出し口は、中性洗剤で拭き、そのあとは水拭きと乾拭きをしてください」(株式会社ダスキン 冨田悦弘さん 以下同)

エアコンクリーニング

とのこと。また、エアコン掃除をする際は、必ず取扱説明書で使用上の注意を確認したほうがいいそうです。また、最近では重曹やクエン酸などを使った掃除術が話題になることがありますが、これらはエアコン掃除にも有効なのでしょうか?

「室内機の外装を拭く際に使用する洗剤は中性洗剤を用います。熱交換器の掃除は、専門の資器材や知識、技術が必要なのでオススメできません」

ちなみに、室外機の掃除について伺ったところ、以下のようなお答えをいただきました。

「エアコンは室内機で取り込んだ空気を冷やしたり温めたりして、室内の温度を調整するのですが、室外機は銅管内の冷媒を通じて熱交換をしているだけで、空気の交換は行っていません。

つまり、室内の空気質の改善が目的であれば、室内機の掃除のみで十分です。掃除が省エネ目的であれば、室外機を掃除することも有効なので、個人の場合は、室外機周りの雑草を抜いて、風通しをよくしたり、室外機表面のゴミなどを取り除いたりするといいでしょう」

エアコン室外機

室外機の役割について…なるほど、納得。省エネには室外機の掃除が有効とのこと。

エアコンは室内機・室外機ともに、個人で掃除する場合は内部には手をつけないほうがよさそうです。
(取材協力:株式会社ダスキン)

内部まで掃除したい場合は…専門業者に相談!

エアコンの掃除が不十分だと、汚れた空気が家の中を循環するだけでなく、余計な電気代もかさんでしまいます。

エアコンからニオイがしたら、すでに「危険信号」とのこと。専門業者に依頼して、フィルターはもちろん、素人では触ることのできないエアコン内部までしっかり分解洗浄して、スッキリ気持ちの良い夏を迎えませんか?

NTTドコモが提供する「dリビング」から申し込みをするだけで、通常12,000円するダスキンのエアコンクリーニングがなんと30%オフに!

ダスキンのエアコンクリーニング

※エアコンクリーニングについて、お使いの機種によっては対応できない場合があります。
※所要時間(目安):約1時間~1時間30分(エアコン家庭用1台)

エアコンの大きさやお掃除機能の有無で金額が変わるためまずは確認から始めてみませんか?



※本記事はdリビングコラムから許可をいただき紹介をしております。
引用元: https://mid.living.dmkt-sp.jp/magazine/category02/15122201/


ともえ編集部
ともえ編集部