埼玉利根地域・アグリパークゆめすぎと
子育て・教育

新鮮な野菜の収穫体験!親子で遊びつくせる『アグリパークゆめすぎと』

関東平野のど真ん中、埼玉県北部の利根地域が「子連れのお出かけにぴったり!」と、今にわかに注目されています。

東京都心から約60km。
「ここが首都圏!?」と思うような、のどかな田園風景と、充実した体験スポットに、子どももママも大満足!

埼玉県が誇る米どころ杉戸町の「アグリパークゆめすぎと」は、まさに1か所で利根地区の魅力をぎゅっと凝縮。
新鮮な野菜を収穫して、おいしいご飯を食べて、めいっぱい遊んでーー。

「どこに行こうかな?」と迷ったときに、ぜひ行きたい埼玉北部の知られざる顔をご紹介します。

子どもとどこにお出かけするか迷ったときの救世主

夏や秋の行楽シーズンは「とにかくたくさんお出かけしたい!」というご家庭も多いのでは?
でも、「そこも行ったし、ここも行ったし。あそこはちょっと遠いから日帰りはちょっと…」と、行き先選びもひと苦労。

そんななか、「家族でたっぷり遊べる」と、にわかに注目されているのが、埼玉県の利根地域。
現在「Discover利根」と称して、家族に優しい取り組みをおこなっているそう。

そこで今回、家族で行くとどんな風に楽しめるのかモニターツアー参加し、3回にわたってレポートします!

ところで「利根地域」って…どこ?

地元や馴染みのある人以外は、なかなかピンとこないかもしれませんが、利根地域とは行田市、加須市、羽生市、久喜市、蓮田市、幸手市、白岡市、宮代市、杉戸町の9市町のこと。

群馬県、栃木県、茨城県、千葉県のいずれかと県境を接するか、ほど近いところに位置しています。

だから、首都圏・埼玉でありながら、とにかく自然がいっぱい、おいしいものがいっぱいあるんです。

安心野菜を収穫体験!

まず最初に訪れたのは「道の駅アグリパークゆめすぎと」。

アグリパークゆめすぎと体験レポート

日本全国に道の駅はたくさんありますが、こちらを単なる道の駅とあなどるなかれ。

まず何より10万平方メートルという敷地の広さにびっくり。
そしてこの1か所で、野菜の収穫体験からバーベキュー、じゃぶじゃぶ池にふわふわドーム、手作り教室まで、とにかく1日中遊べる施設なのです。

訪れたら、真っ先に行きたいのは、カントリー農園の「収穫体験」。
季節ごとに約20種類の野菜を収穫することができます。

アグリパークゆめすぎと体験レポート

個人で訪れる場合、予約は不要。
当日にそのまま受付に行って、その日に収穫できる野菜を好きなだけ収穫して、収穫した分だけお支払い。
何か採れるかは事前にホームページで確認することもできます。

私たちが訪れた7月下旬のこの日は、枝豆(茶豆)、なす、ピーマン、玉ねぎ、トマト、ミニトマトの全6種類が収穫できました。

アグリパークゆめすぎと体験レポート

わが家の2歳児は初めての収穫体験。

「おやさい、とるー!」
と、始まる前からやる気満々。
畑と我が子、シャッターチャンスが満載です。

カントリー農園の田中潤さん曰く「農薬や化学肥料を限りなく減らしているから虫もたくさんいるし、草も生えてる。その代わり、安心安全な野菜ばかり」とのこと。

実際、虫もいますが、うちの2歳児はバッタを追いかけまわして捕まえて得意げな顔。
その日に来ていたお兄ちゃんたちはさらにカエルを捕まえたり、カマキリを探したりと、収穫と一緒に虫取りも楽しんでいました。

アグリパークゆめすぎと体験レポート

茶豆は2歳児一人で引っこ抜くのは大変でしたが、親子の共同作業も楽しい思い出。

そして、何より安い!
茶豆は一株60円。2株でスーパーで1袋500円くらいで売っている量にはなります。

しかも、コクがあって甘くて、とってもおいしい!
我が家は4株収穫しましたが、そのうち半分は娘がぺろり。あっという間になくなりました。

アグリパークゆめすぎと体験レポート

その他の野菜も、トマト1kg400円、玉ねぎM袋いっぱい500円、なす3本100円とどれもびっくりするほど安くて、大きな野菜の袋を抱えている家族もちらほら。

土や葉っぱがついたまま野菜を持って帰ったら、家での処理が大変なので、受付脇の水道&ハサミを貸してくれて、ちゃんと処理させてくれます。

ここで切り落とした葉っぱは、堆肥として畑に還元。
もう少し大きい子だったら、そんな説明もしてあげられるかも。

この葉っぱから実をより分ける作業も子どもには新鮮なようで、「はい、これはママの」「これは、ばあば」といいながら、結構な戦力として甲斐甲斐しく働いてくれました。

新鮮野菜はBBQですぐ食べられる!

収穫した野菜はお土産としてはもちろんですが、「アグリパークゆめすぎと」に併設されたバーベキューテラスで、採れたてをそのまま食べるというのも可能。

さらに「道の駅」なので、足りない食材は農産物直売所で購入すればOK。
コンロのレンタルもあります。

「バーベキューは準備が大変だから」という人は、「食堂あぐり亭」へ。

ここ杉戸町はお米の名産地で、ご飯はすべて杉戸産特別栽培米を使用。
アグリパークゆめすぎと体験レポート

うどんもすべて杉戸産の米粉を使って作っています。
もちもちした食感のうどんは必食です。

食後は、広い芝生の上で走り回るもよし、噴水から水が飛び出るじゃぶじゃぶ池で遊ぶもよし、ふわふわドームで飛び跳ねるもよし。
体を動かして子どもたちも大満足。

土日祝日は、木材を使ったクラフト教室も行われています。
200円の一番簡単なコースは3歳くらいから参加できるそう。

行ったらいつでも参加できるので、作って、のりを乾かしている間に外で遊んだり、ご飯を食べたりすれば、旅の記念品も一緒に持って帰ることができます。

現地でも楽しくて、帰ってからも「これ、一緒に採ったお野菜だよ」といいながら食卓を囲めて、幸せ気分を家でも味わえる。
「道の駅」の常識を超えた楽しみ方ができる「アグリパークゆめすぎと」。

収穫だけなら1時間ちょっと見ておけば大丈夫だと思いますが、せっかくなら半日以上ゆっくり過ごすのがオススメです。

魅力たっぷりの利根地域北部地区を日帰りで満喫できる無料ツアー、参加者募集!
「DISCOVER 利根!」家族みんなで楽しめる歴史と文化を体験できるツアー【10月22日開催】

吉田 理栄子
吉田 理栄子

1975年生まれ、徳島県出身。大学卒業後OL生活を満喫するも、昔の夢をあきらめきれずマスコミ業界へ。旅行系出版社などを経て、雑誌『ロケーションジャパン』編集長就任。産後半年で復職したが、ライフワークバランスで悩み、1年半の試行錯誤の末、2015年秋フリーランスに転身。旅、人、女性の働き方などをテーマに執筆活動を行う。

ウェブサイト