英語教育小1の壁
子育て・教育

英語教育の「小1の壁」。超えるためにできる3つのこと

1学期の終業式、子どもたちが持ち帰った通知票に「英語」が加わっていた小学校も多いでしょう。

小学校3年生からの英語必修化は2020年にスタートすることが決まっていますが、移行期間としてすでに取り組みを始めている小学校も少なくありません。

小学校の授業に英語が加わったことで、これからわが子が小学校入学を迎えるママは『何を準備すればいいの?』と悩むこともあるかもしれません。

英語教育にもあるという「小1の壁」とは何なのか>その壁を超えるために今からできることはあるのでしょうか?

英語教育小1の壁

子供向けオンライン英会話サービスGLOBAL CROWN(グローバルクラウン)さんにお話を伺いました。


小学校から英語の授業が始まり、成績もつく

現在の小学校の授業には「外国語活動」が必須になっていますが、これは英語に親しむ程度の時間です。

ですが、2020年の教育改革後からは、英語は必修科目になり、小学5年生からは成績もつくようになるのをご存知ですか?

さらに、小学校の授業は「聞く・話す」の音声中心。ネイティブやバイリンガルの先生が挨拶や自己紹介などを英語で話すような授業が行われます。

子どもたちにとって、急に知らない言語で話しかけられると英語嫌いの原因に・・・。

そうならないように、小学校入学前や家庭内での学習はとても大事になります。

英語教育の「小1の壁」を超えるために。今からできる3つのこと

英語教育小1の壁

<1>英語に好奇心を持たせる、好きにさせる

英語に対する好奇心がないと、そもそも語学の習得は難しいです。

絵本やDVDやテレビ、最近はYouTubeにも英語の歌などがたくさんあります。

お母さんと一緒に読んだり見たり歌ったりすることでお子さんは英語に対して興味を持つようになります。

「親が好きなことは子どもも好きになる」ということを意識して、英語に対する好奇心を養ってあげてください。

<2>好きなものを英単語で言えるようになる

数字、色、果物、野菜、食べ物、乗り物、天気・・・など、子ども自信が好きなものや興味があるものが望ましいです。

の好奇心と同様で、興味がないものを一生懸命教えても習得はしにくいからです。
絵本や教材などを使ってまずは<英単語学習>を始めましょう。

「お母さんに教えて!」と聞くなどして、“子どもを先生にする”のも効果的です。
自信をつけることで子どもの英語に対する好奇心が強くなり、習得が容易になります。

英語教育小1の壁

<3>簡単な挨拶が言える、答えられるようになる

英単語が言えるようになったら次は挨拶です。

英語は言語であり、コミュニケーションツールなので単語ばかり知っていても使う機会がなく忘れて知ってしまいます。

初めまして/自分の名前/自分の年齢/元気ですか?

程度で十分です。挨拶や簡単な内容でも英語で質問されたら英語で答えられるようになるとさらによいでしょう。

ここまでが小学校入学前までにできていると、英語の授業を楽しむことができます。

このように、母国語(=日本語)の習得と同じようにまずは「聞く・話す」を重点的に行うことが大事です。

さらに、小学校では基本的なフレーズを使って会話ができる。中学校で道案内レベルの会話力や読み書き。高校でディベートなどの高度なスキルを習得していけば、将来困ることはないでしょう。

ステップを踏みながら、早い時期で少しずつ子どもの英語学習を支援してあげれば、小学校に入って困りません!ぜひ早めに親子で一緒に楽しみながら英語学習を進めてみてくださいね


GLOBAL CROWN(グローバルクラウン)さん、ありがとうございました!

英語が突然「強制される勉強」になってしまうのが『英語教育の小1の壁』なんですね。
言語の習得は段階を経て考えればよいという点、お話を伺って安心しました。

教科になる、成績がつくからといって身構えることなく、まずは子供が英語を好きになるため子供が好きなものやアニメなどうまく利用してみたいと思います。

今どきの習い事【オンライン英会話】もチェックしてみて!

働くママにとって子どもが保育園から小学校に上がるタイミングで直面するのがいわゆる「小1の壁」。

延長保育やママのサポートが充実していた保育園と異なり、学童保育では預かり時間に制約があったり、学校行事も平日が多く、親子とも生活は大きく変化します。

加えて日々の宿題のケア、夏休みなどの長期休暇の対応などなど、物理的なハードルが高まり働くママにとっては悩みが増えるもの。

生活スタイルが変わり、日々のタスクも増えるため、保育園時代と同じペースで習い事を続けるのが難しくなることもあります。
オンライン英会話は帰宅後や移動中などの隙間時間を手軽に使えるのが魅力。

オンライン英会話グローバルクラウン体験レポート(感想・口コミ)

家にいながら英会話レッスンを受けることができる「オンライン英会話」を体験中

送り迎えが不要なので帰宅後夕飯の支度を待つ間に受講したり、食事やお風呂を済ませてパジャマ姿で受講したりもOK。

1回20分と短い時間設定も「子どもの集中力が維持できる時間」とのことで納得です。

子供を英語に触れさせたいママ、新しい習い事を検討しているママはまず無料レッスンを試してみては?バイリンガル講師との出会いが、子供にとってワクワクする英語の世界への第一歩になるかもしれませんよ!

本記事は承諾を得てブログ掲載記事を転用させていただきました。
引用元 株式会社ハグカム/グローバルクラウン 公式ブログ


渡邉 加奈子
渡邉 加奈子
娘が2歳のときコッコトの在宅スタッフ登録をし、アンケート入力や事務局代行などを行う。その後【笑顔で働きたいママのフェスタ】イベント本部のスタッフとして、パートタイム勤務を経て正社員に。第2子の産休育休を経て現在は短時間正社員となる。ふたりの子供たちに挟まれて寝るのが何よりの幸せ。育児がひと段落したら趣味の切り絵と三味線を再開するのが夢。
ウェブサイト