ンドメイド作家という働き方|miyuさん
働き方図鑑

~特技を生かして喜びの日をお手伝いする~ハンドメイド作家という働き方|miyuさん

スタイやガーゼハンカチなど、カラフルな色合いやかわいらしいモチーフで温かみのある手作り品が人気の<ベビーキッズのハンドメイド布雑貨のお店hana no tane>。

主宰するmiyuさんは仙台市在住、3人のお子さんのママです。今の仕事を始めたきっかけやこだわっていることなど、働き方図鑑8つの質問にお答えいただきました!

1.現在の活動内容

自宅でベビーキッズ、ママ向けのハンドメイド布雑貨を制作し、 オンラインショップ、委託店舗、イベントで販売しています。

出産祝いや贈り物としても多くご利用いただいており、 喜びの日をお祝いするお手伝いをしています。
7歳、4歳、2歳の母として育児をしながら、制作をする毎日です。

ンドメイド作家という働き方|miyuさん

2.事業、サービスで力を入れていること、こだわり

丁寧な作りを心がけ、親子が笑顔になるような作品を目指しています。
オンラインショップでは、お客様は届いた荷物を開封して初めて実物の作品と対面するので、心が弾むようなラッピングにするよう、常に気を配っています。

また、商品に関する確認事項など、まめに連絡を入れ、お客様に安心してお取引いただけるように心がけています。

ンドメイド作家という働き方|miyuさん

スタイ、赤ちゃんんおもちゃ、ガーゼハンカチがセットになった出産祝い

3.事業、サービスを始めたきっかけ

おもちゃや身の回りの持ち物など我が子に手作りしたものを、ブログにアップする日々を送っていました。
するとある日、ブログの読者さんから「作品を販売してくれませんか?」とコメントをいただき、それがきっかけで少しずつ作品を販売するようになりました。

家族だけのためではなく、必要としてくれる方へ作品をお届けできる喜びを知りました。
そして、「作品を通じてたくさんの親子の笑顔と心安らぐ時間を増やしたい」という想いが膨らみ、オンラインショップをオープンしました。

4.とある1日のスケジュール

4:00 起床 メールチェック、ブログを書く、作品制作
6:15 身支度、家族のお弁当、朝食づくり、朝食
夫、長女の見送り
8:00 次女を幼稚園のバス停まで送る
食事の後片付け、洗濯などの家事
9:00 長男と近所の公園へ
10:30 長男お昼寝
作品制作、発送業務、連絡など
12:00 昼食
買い物
14:00 次女の幼稚園バス停までお迎え
16:00 長女帰宅
夕食準備など夕方の家事
18:00 入浴、夕食
21:00  子どもと就寝(夫は夜勤)

 

5.今の生活や働き方で気に入っていること

生活に合わせて仕事内容、スケジュールを決められること。
在宅ワークなので、隙間時間で仕事をすすめられること。
好きなこと、特技を生かして人のお役に立てていること。

ンドメイド作家という働き方|miyuさん

ママにも赤ちゃんにも嬉しい『着脱しやすい』スタイ

6.クリアしたい課題や問題

もっと時間をうまく使って効率よく仕事をしたい。

今後は手作りの楽しさを広げていくことも視野に入れて活動していきたい。

7.働き方を迷っている女性へのメッセージ

物事の優先順位は人それぞれ。 人の意見も気になるところですが、自分の大事にしたいことを最優先に働き方を決めてほしいです。

ドーンと大きな一歩を踏み出すのも素敵ですが、 小さな一歩を少しずつ積み重ねていくことも、働き方を確立していく1つの道だと思います。

私も模索しながら、小さな一歩を重ねているところです。

8.愛する家族へのメッセージ

夫は育児の戦友であり、仕事の相談相手兼協力者であり、背中を押してくれる唯一無二の存在です。 夫だから、私はここまで歩んでこれました。感謝しかありません。

そして3人の子ども達。
悩んだり「これは親としての試練だ‥」と思うこともたくさんあるけど、 にぎやかで笑いも幸せもいっぱい。
この世に生まれてきてくれたことに、ただただ感謝。

ンドメイド作家という働き方|miyuさん


<編集後記>

ハンドメイドを仕事にしたい…と憧れを抱くママは少なくない一方、材料費や労力を費やしても大きな利益には繋がらなず、「仕事」として継続する難しさを感じているママも多いでしょう。

子育て真っ最中のmiyuさん。時間の貴重さが伝わってくるような1日のスケジュールだからこそ、仕事時間にはご自身の作品を喜んでくれる誰かのために手を動かし、小さな一歩を積み重ねていく働き方を実践されていました。今はこれでいい、という諦めではなく、今の自分にはこれがいい!という前向きな気持ちが、明るく優しさ溢れる作品にも現れているようでした。

ンドメイド作家という働き方|miyuさん

プロフィール
氏名:miyu
屋号:ベビーキッズのハンドメイド布雑貨店hana no tane
肩書:布小物作家

茨城県出身。 独身時代は幼稚園教諭として勤務していたが、 結婚で仙台に移住することになりやむなく退職。
せっかく退職したのだから 子どもが小さいうちは育児に専念しようと外では働かず、ずっと好きだったハンドメイドにどっぷりハマる。 (この時点でもう育児に専念してないのですが(笑))
ハンドメイド好き主婦として、子どもに作ったものや日常の話を SNSで発信する生活を6年続けている。
2015年、オンラインショップ、ベビーキッズのハンドメイド布雑貨店 hana no tane をオープン。 自宅で作品を制作し、全国のお客さまへ発送している。 近年、店舗での委託販売や、イベントに出展して対面販売も行っている。

オンラインショップ→https://minne.com/@m-tesigoto
Instagram→https://www.instagram.com/miyu_hananotane
ブログ→ひとり手作り子育て部。https://ameblo.jp/miyu-tesigoto/


渡邉 加奈子
渡邉 加奈子
娘が2歳のときコッコトの在宅スタッフ登録をし、アンケート入力や事務局代行などを行う。その後【笑顔で働きたいママのフェスタ】イベント本部のスタッフとして、パートタイム勤務を経て正社員に。第2子の産休育休を経て現在は短時間正社員となる。ふたりの子供たちに挟まれて寝るのが何よりの幸せ。育児がひと段落したら趣味の切り絵と三味線を再開するのが夢。
ウェブサイト