働き方図鑑 吉永麻衣子さん
働き方図鑑

ママが焼くから世界一おいしい!おうちパンでママと家族を幸せにする働き方~吉永麻衣子

手作りパンを焼てみたいけど…捏ねたり発酵させたり、パン作りは手間がかかるから忙しい育児中はムリ!とあきらめていませんか?そんな思い込みをひっくり返してくれる【おうちパン】をご存知でしょうか?

「おうちで焼き立てのパンが食べたい!」
「子どもに安心安全なパンを手作りしたい!」

そんなママの憧れや願いをかなえてくれる【おうちパン】のレシピを考案したのは、神奈川県横浜市で3人の男の子の子育て真っ最中の吉永麻衣子さん。

自宅でのパン教室主宰を経て、今や2000人以上の認定講師を抱える【おうちパン】の代表講師でもあります。

吉永さんの代名詞でもある【おうちパン】が誕生したのは、家事育児に忙しすぎて大好きなパンが焼けない状況でとった『ある行動』がきっかけだった…と言います。

おいしいパンで手作りの幸せを伝えられたら、と活動する吉永さんに<働き方図鑑>の質問に答えていただきました。

お仕事で力を入れていること、こだわり

私の仕事は主におうちパンのレシピを作って伝えることですが、とにかく【使ってもらえること】にこだわっています。
お母さんが朝起きて生地をトースターに入れて、その間にゴミ出しして、子供起こして、戻ってきたら焼きたてパンで朝ごはん!とか、使ってもらえるシーンをかなり具体的にイメージしてます。

働き方図鑑 吉永麻衣子さん

吉永さんのレシピから伝わるのは「そこにある暮らし」

私自身が3人の子供たちの子育て真っ最中なので、無理なく『今の私』が作り出せるレシピに価値があると思っています。私自身の生活スタイルに合わせて自分のパンも変化していくと思います。

今の働き方(お仕事)をはじめたきっかけ

2回転機がありました。

1回目は結婚。この時に自ら退職してパンの世界へ。色々経験して、自宅でパン教室をスタートしました。

2回目は2人目の子供が1歳になった頃。長男次男のお世話もあり日々のご飯だって作るのが大変なのにパンなんて焼けなくなってしまって…。

生のパン生地をそのままトースターに入れて焼いたらどうなるかな?とやってみたのが、後に人気となったスティックパンでした。

働き方図鑑 吉永麻衣子さん

前の日5分→朝10分で焼きたて! 簡単もちもちスティックパン(新潮社)

食に携わる仕事だから特に、自分が楽しいことを意識して、苦渋の決断でしたが私も子連れ、生徒さんにも子連れで楽しんでいただいていた自宅でのパン教室の回数を減らし、トースターやフライパンで焼く簡単なパンをメディアに提供する仕事にシフトしました。

その後続けておうちパンの書籍を出版させていただいたり、おうちパンを広げる認定資格として「おうちパンマスター」の制度を整えたりして、今があります。

とある1日のスケジュール

6時 起床 朝ごはん、洗濯
7時50分 長男登校
8時30分 次男を幼稚園へ送迎
9時 部屋の掃除
10時 3男をバギーに乗せるとお昼寝。最寄駅のカフェで打ち合わせ
12時帰宅 お昼をつまんで、試作など仕事を処理。
15時長男帰宅 お稽古の送迎など
18時夕食 お風呂
20時 子供達が順番にベッドへ
21時
仕事タイム!
試作しながらパソコンに向かってレシピをまとめたり、
おうちパンマスターの運営について考えたり。
24時就寝

働き方図鑑 吉永麻衣子さん

今の生活や働き方で気に入っている事

フリーなので子供の予定に仕事を合わせることができること。

子供との行事が多い幼稚園に通わせられることも嬉しいです。

パンレシピを使ってくださる方からの連絡もたくさん頂き、それもとても嬉しいです。

今日はもう仕事したくない!そんな日はどうする?

コーヒー入れて、甘いもの出して、テレビつけて、3男と家でダラダラします。

でも家では子供が騒がしいので結局バギーに乗せて最寄の駅まで歩き、ぶらぶらすることが息抜きです。

子育てが落ち着いたら車で海を見に!なんてかっこいいなぁと憧れてます。

クリアしたい課題や問題

パソコンでの業務の処理がとにかく溜まってしまうので、自分でこの日はパソコン仕事の日!と決めなきゃなと思っています。

あとはたくさんやりたいことがあるけど、まったく追いついてないので時間の使い方、うまくなりたいです。

働き方図鑑 吉永麻衣子さん

広島での「おうちパンマスター」と交流の様子

働き方を迷っている女性へのメッセージ

働く目的が何なのか?がまず大切だと思います。

お金を稼がなくてはならないのか、ライフワークとして自分の生活を充実させたいのか。
それによって働き方の選択肢は違ってくると思います。

でも、目の前にある仕事を楽しむことはできるので、どんな働き方でも楽しむ工夫ができることが大切だなと感じます。

そして、今すぐに思った形にならないなら、いつまでに、と先の時間の目標を立てることがおススメです!意識するといろいろ良い方向に変わって来る気がします。

働き方図鑑 吉永麻衣子さん

講座中に講師仲間に抱っこされているのは吉永さんの三男くん

そして私は最近、やっと、やっと、人に頼る事を身につけました!(講座中に子供を見てもらったり、撮影のスタイリングをお願いしたり、小さなことかもしれませんがずっと子供と一緒ですべて自分一人でやってきた私にとっては大きな変化です!)

頼る事を当てにしてスタートするのは良くないですが、応援してくださる方が近くにいるならお願いしてみても良いかも?と思います。

愛する家族へのメッセージ

家族の理解がなければ今の仕事はできません。

パパが応援してくれるから、子供達も応援してくれています。

これからも家族に自信を持って話せる仕事、していきます。

相談事は誰にする?

仕事の相談は同じようにフリーで働いている仲間…笑顔で働きたいママのフェスタin神奈川の実行委員として出会ったメンバーにすることが多いです。

主人にも相談しますが、私の仕事にはまったく口を出さない人なので…話を聞いてもらう、という感じかな。

壁にぶち当たったとき 落ち込んだときの乗り越え方

悪いことが1つあると全部ダメ!に思えてくるのですが、私のレシピで楽しくパン焼きしてくださり応援してくださる方がいるんだという事を思い返して我に帰ります。

次の日に持ち越さないようにしているので、ガーン!と落ち込むことがあっても、甘いもの食べたり一旦仕事を置いて子供と遊んだりして、寝ると次の日には復活しています。

働き方図鑑 吉永麻衣子さん

お子さん3人 ひとりふたり3人と増えていく変化?

とにかく業務ボリュームが多くなり、てんてこ舞いです。

タスクの数は変わりませんが、1つずつの量が増えるので大変です。

でもそんな時期も今だけと楽しんでいます。男の子3人のママなんて誰でも経験できることではないし!とにかくかわいいです。

ともえ編集部)実はこの【働き方図鑑】の質問には、お子様をバギーで寝かしつけて、その合間に答えてくれた吉永さん。
1歳を過ぎ体力がつきなかなか寝ないという三男くんにイライラするのではなく、寝かしつけも楽しんでしまうようなポジティブさ。
昨年からスタートしたcookpadTVでの『オーブンいらず楽ちんパン!』動画配信では、配信のタイミングで寝付かなかった三男くんをおんぶしたままパンを焼いたり、配信中に背中で寝てしまったり、なんていうことも。

働き方図鑑 吉永麻衣子さん

子供が寝ない、自分の時間が持てない、やたら朝早くから起こされる。
育児中のママにありがちなそんな状況も、期間限定と割り切って楽しんでしまう姿勢が吉永さんの魅力でありパワー。

『いつか』『子供の手が離れたら』ではなく『今』にチャンスやヒントがある!
家事育児に手いっぱいで、生地をトースターに突っ込んだ、そんな行動から世界中に広まる「おうちパン」が誕生した状況をイメージすると、必死さの中に微笑ましさと、パン作りへのエネルギーが感じられます。

『今を楽しむ』その姿勢は、結婚するまでの仕事現場で身に着けたものだそうです。
吉永さんのお話を伺って、育児真っ最中で『子どもがいるから何も出来ない!』と頭を抱えるよりも『子供がいるからこそたくさんのチャンスにあふれている』そう視点と思考を少し変えるだけで、目の前のちょっとしたハプニングも笑顔で乗り切れそうな気がしませんか?

吉永さんが伝えるのは簡単なパンのレシピではなく、忙しい育児の合間にパン作りを楽しむ暮らし、そのもの。育児中の吉永さんが考えるからこそ、忙しいママも焼き続けることができるのです。
『子育て真っ最中の私だからできること』が、きっとあるはず!と信じるだけで、ほら、ちょっと笑顔になれますよ。

「食」をテーマに、吉永麻衣子さんに話を聞こう!

2019年1月29日(火)渋谷で開催される起業ママの祭典・PowerWomenFes!に吉永麻衣子さんも登場!子育てしながら私らしく働く(活動する)そんなイベントコンセプトは吉永さんそのもの。働き方について模索中の方もぜ、ひお話を聞いてみませんか?

イベントの詳細はこちら https://tomoe.life/20268

プロフィール

働き方図鑑 吉永麻衣子さん

吉永麻衣子

兵庫県宝塚市出身。聖心女子大学卒業後、 一般企業にて法人営業を6年経験。
結婚を機に退職。専門学校講師やDean& Delucaキッチン、 日本ヴォーグ社ハッピークッキングの立ち上げを経験後、自宅にてパン教室をスタート。
忙しいママにも毎日焼けるパンを「おうちパン」 としレシピを開発。 おうちパンを伝える「おうちパンマスター」は、誰でも気軽に挑戦できる認定資格として、発足から約2年半で2000名を超える勢いで世界中に広まっている。
子連れOKのスタイルととにかくシンプルでカンタンなパン作りの スタイルが人気で、雑誌やweb、講習会などでも幅広く活躍。
著書『冷蔵庫で作りおきパン 切りっぱなしでカンタン』(主婦の友社)、『 簡単もちもちスティックパン』(新潮社)、『失敗なしでおいしさUP! 超簡単「ちょい足し酵母」のパン作り』(新潮社)など多数。。cookpadTVでオーブンいらず楽ちんパン!を配信中。


渡邉 加奈子
渡邉 加奈子
娘が2歳のときコッコトの在宅スタッフ登録をし、アンケート入力や事務局代行などを行う。その後【笑顔で働きたいママのフェスタ】イベント本部のスタッフとして、パートタイム勤務を経て正社員に。第2子の産休育休を経て現在は短時間正社員となる。ふたりの子供たちに挟まれて寝るのが何よりの幸せ。育児がひと段落したら趣味の切り絵と三味線を再開するのが夢。
ウェブサイト